ページの先頭です 本文へスキップ ここからグローバルナビゲーションです グローバルナビゲーションはここまでです ここからページの本文です

TOHOKUものづくりコリドーとは

東北地域のダイナミックな発展を目指して

東北地域の産業が発展するためには、東北地域の特色ある技術・産業分野とそれぞれの産業集積地域が有機的に連携し、相互の相乗効果によってイノベーションを次々と起こすため産業クラスターを早期に形成することが重要です。
「TOHOKUものづくりコリドー」は東北地域に産業クラスターを形成するため、平成18年度から展開しているプロジェクトです。

技術と地域をコリドー(回廊)でつなぐ!

コリドー(回廊)とは、建物の間を折れ曲がって連絡する通路を意味します。
産業の活性化を目指して、東北各地で様々な産業振興・研究開発プロジェクトが展開されていますが、市場での成功に結びつけるには、より早期に成果を出さなければいけません。
そのために県や市などの枠を超えて連携し、戦略的に各種プロジェクトに取り組むことによって、産業クラスターを早期に形成する必要があります。

TOHOKUものづくりコリドー 概念図
拡大表示

TOHOKUものづくりコリドーの概要

3つの産業分野を軸に融合化!

7つの産業・技術分野の融合を促進するため、分野を包括した活動基盤の形成と、3つの出口産業分野と技術等分野相互の融合・シナジーを意識した活動を展開します。

出口産業分野(3分野)

  • ●自動車関連産業分野
  • ●半導体等連産業分野
  • ●医療・福祉機器関連産業分野

技術分野(4分野)

  • ●MEMS技術分野
  • ●IT分野
  • ●光産業分野
  • ●非鉄金属リサイクル分野


4つの産業集積地域が牽引役!
さらに6産業集積地域とも提携しながら東北地域全体をリード。

●北上川流域地域 ●広域仙台地域
●米沢・山形地域 ●広域郡山地域

この4産業集積地域が、地域の持つポテンシャルを活かし、出口分野を中心に早期のクラスター形成活動を目指します。さらに他の6産業集積地域ともコリドーを通じ連携をすることで東北地域全体をリードします。

クラスター形成に向けた環境整備

~官・民と地域プレーヤーの連携による産業支援の取り組み~
早期にクラスターを形成するためには、以下に示す機能を強化することが急務であり、現在、環境整備を積極的に行っております。

●研究機関と企業を結ぶリエゾン機能 ●海外連携を支援する機能
●特許等の知的財産に関する支援機能 ●販路開拓を支援する機能
●企業経営を支援する機能 ●資金供給機能
産業クラスター計画 産業クラスター計画
ページの本文はここまでです
ここからこのウェブサイトに関する情報です
ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です