ページの先頭です 本文へスキップ ここからグローバルナビゲーションです グローバルナビゲーションはここまでです ここからページの本文です

印刷印刷

バックナンバー

【コリドー会員メルマガ】地域経済活性化とファミリービジネスシンポジウム in 仙台のご案内

2011年2月21日号

TOHOKUものづくりコリドーニュース

                          平成23年 2月21日
                            No.22-77



◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆
   
  「地域経済活性化とファミリービジネスシンポジウム in 仙台
~地域活性化とその主役―ファミリービジネスによる実績に学ぶ~」の御案内

◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆

平素は、経済産業省施策の推進にご理解、ご協力をいただきありがとうござ
います。
さて、我が国には、家族を通じて何世代にもわたりビジネスを継承するとと
もに、地域に対しても経済・文化など様々な面で貢献を果たしてきた「ファミ
リービジネス(※1)」が多数存在します。その数は、数万社におよび、欧米
に比肩を許さず、我が国はまさに「ファミリービジネス大国」といえます。経
済産業省では、昨年度からファミリービジネスのもつ持続性、安定性など経営
上の特質だけでなく、地域社会への貢献を含めたその意義に注目(※2)し、
研究を 行ってまいりました。この度、地域活性化におけるファミリービジネ
スの役割と、ファミリービジネスが抱える課題等について検討するため、標記
シンポジウムを行います。
 つきましては、添付した資料を御覧いただき、ファミリービジネスの皆様は
もとより各地の地域活性化に向けた取り組みにご関心のある方々の参加をお待
ちしております。
 なお、申込はFAX(03-3546-8481)にてお送りいただきますようお願い申し
上げます。

【※1:ファミリービジネス(老舗的企業)とは】
ファミリービジネス企業とは一般に、創業者の引退もしくは死去後、創業者
の家族・親族が最大の個人株主として株式を所有し、実質経営している企業と
規定。
また、創業百年を越える老舗企業。

【※2:地域活性化におけるファミリービジネスの役割等】
(ファミリービジネスの果たす役割)
新事業の担い手、雇用の場の提供者、資金供給者、地域経済活性化の担い手及
び中小施策の受け手(地域商工団体の活性化、地域のつながり力の強化)等
(ファミリービジネス的経営手法の活用・発展方策)
ファミリービジネス的経営手法の普及方策、地域金融機関との連携、地域経済
における商流の仕組み作り、環境・健康・農商工連携・ソーシャルビジネスな
ど新分野への進出等

【日時】
2011年2月24日(木)14:00-16:30(13:30 受付開始)

【会場】
TKP仙台カンファレンスセンター 4階ホール4A
(宮城県仙台市青葉区花京院1-2-3)

【対象】
ファミリービジネス経営者、自治体、金融機関、地域振興関連NPOなど

【プログラム】
(主催者挨拶)
 経済産業省大臣官房審議官(地域経済担当) 坪井裕 氏

(基調講演)
1.名産品づくりと地域活性化
 株式会社 阿部蒲鉾店 代表取締役社長 阿部 賀寿男 氏
2.地域経済活性化とファミリービジネスへの十訓
 株式会社 田中デザインオフィス 代表取締役 田中 央 氏

(パネル討論)
ファミリービジネスが牽引する地域活性化を推進するためには(仮題)
モデレータ:
 プライスウォーターハウスクーパース株式会社 パートナー 大澤真 氏
パネリスト:(ファミリービジネス、関係機関の順にそれぞれ五十音順)
 株式会社南部美人 代表取締役専務 久慈 浩介 氏
 株式会社渋川問屋 代表取締役 渋川 恵男 氏
 一橋大学経済学部 非常勤講師 多胡 秀人 氏

(総括スピーチ)
立命館アジア太平洋大学大学院経営管理研究科客員教授小西龍治

【参加費用】
無料(事前登録制)
定員:100名

【〆切】
2011年2月22日(火)

【申込】
 下記ホームページよりダウンロードの上、
 申込書に必要事項を記入の上、FAXにてお送りください。

http://www.pricewaterhousecoopers.co.jp/seminar/20110224.html

【問い合わせ先】
プライスウォーターハウスクーパース株式会社
担当:尾高・今野
Tel:03-3546-8480(代表) Fax:03-3546-8481
E-mail: pwc.jp.fb-semina@jp.pwc.com

※シンポジウムHP
http://www.pricewaterhousecoopers.co.jp/seminar/20110224.html

ページの本文はここまでです
ここからこのウェブサイトに関する情報です
ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です