ページの先頭です 本文へスキップ ここからグローバルナビゲーションです グローバルナビゲーションはここまでです ここからページの本文です

印刷印刷

バックナンバー

【コリドー会員メルマガ】「協創フォーラムin盛岡」(平成24年3月8日(木))お知らせ 他2件

2012年2月21日号

TOHOKUものづくりコリドーニュース

                          平成24年 2月 21日
                            No.23-70



―――――目次―――――――――――――――――――――――――
1.「協創フォーラムin盛岡」(平成24年3月8日(木))お知らせ


2.「ものづくり・知的財産活用シンポジウム」(3/12仙台国際ホテル)
    ~ものづくり東北の再生のために~の開催のお知らせ

3.2011年度 地域イノベーション・シンポジウム
  「挑戦者たちが語る地域発イノベーション」のご案内

――――――――――――――――――――――――――――――――
◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆

 1.「協創フォーラムin盛岡」(平成24年3月8日(木))お知らせ

◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆
 岩手県で開催する「協創フォーラム(川下・川中企業面談会)」の
ご案内をさせていただきます。

◇目的
 首都圏等の川下・川中企業等に対して、東北地域内の中堅・中小企業が有す
る技術シーズのプレゼン等を実施し、継続的な協業を目指した出会いの場を創
出することを目的としています。

◇開催概要
 (1) 日時 平成24年3月8日(木)13時00分~
 (2) 場所 ホテル東日本盛岡(岩手県盛岡市大通り3-3-18)
 (3) 個別面談
    《川下・川中企業》
 (4) 内容
 ①基調講演 
  ■「関西地域の組込みシステム産業への取組と
              東北地域との連携について」(仮題)
      講師 組込みシステム産業振興機構
           開発支援事業推進部 部長  浦野 直樹 様
  ■「パナソニック全社のソフトウェア開発力強化の現状について」
      講師 パナソニック株式会社
         システムエンジニアリングセンター
         ソフトウェアQCDグループ グループ
                 マネージャー  吉村 宏之 様

 ②川下企業等プレゼンテーション
    ※ 個別面談に先立ち、自社のニーズ等を紹介いただきます。
   ・エム・シー・エム・ジャパン株式会社(東京都) 
       URL:http://www.mcm.co.jp/
   ・富士通マイクロソリューションズ株式会社(神奈川県) 
       URL:http://jp.fujitsu.com/group/fmsl/ 

 ③個別面談(1対1、@15分程度)
  ※上記川下企業2社が個室に分かれ、
   北東北企業各社が順番に、
   持ち時間(各15分)に面談(名刺交換、自社の得意技術等の
   プレゼンテーション、情報交換等)していただきます。

 ④交流会(参加費4,000円、
      とうほく組込み産業クラスタ会員2,000円) 


 (5) 募集企業
   ○ オリジナルの技術や製品を持つ企業
   ○ 電子部品開発、アナログ設計・開発、評価治具開発
                   プリント基板設計・製作、
     回路設計、自動装置設計・開発、自社製品開発販売 等 
   ※個別面談を希望される企業様が多数の場合、調整させていただくこと
    がありますので、ご了承ください。
 
 (6) お申込み方法
   別紙参加申込書または下記のフォームに記載の上、
   メールまたはFAXで申込みください。
   ※別紙参加申込書は下記URLよりダウンロードください。
   http://san-cluster.icr-eq.co.jp/topics/data.php?id=157
   ※2/29(水)〆切

【講演会】 
   ○会社名:
   ○担当者(役職・氏名):
   ○ご連絡先(TEL/FAX): 
   ○交流会: 参加 ・ 不参加

【個別面談会(川下・川中企業へのプレゼン)】
   ○会社名:
   ○担当者(役職・氏名):
   ○ご連絡先(TEL/FAX): 
   ○交流会: 参加 ・ 不参加
   ※申込みをいただきましたら詳細をご連絡させていただきます。
 
 (7) 主催 (株)インテリジェントコスモス研究機構
       TOHOKU高度ITフォーラム
       とうほく組込み産業クラスタ
       JASA東北支部
      (財)いわて産業振興センター
       岩手県 


◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆

 2.「ものづくり・知的財産活用シンポジウム」(3/12 仙台国際ホテル)
      ~ものづくり東北の再生のために~の開催のお知らせ

◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆
東北経済産業局では、3.11東日本大震災から一年を経て、東北地域もの
づくりの推進と知的財産権の活用について、東北地域企業の取り組みを広く
情報発信していくシンポジウムを開催いたします。

本シンポジウムでは、アイリスオーヤマ株式会社 代表取締役社長
大山健太郎 氏をお招きし、震災後早期の事業復旧、海外事業展開等の同社
の経営理念・経営戦略に加えて知財の役割についてご講演いただきます。

また、日本ものづくり大賞表彰式並びに受賞企業の製品展示と、知的財産活
用に意欲的に取り組まれている企業経営者をお招きして知的財産経営の定着
をテーマにしたトークセッションを行います。
なお、シンポジウム終了後には情報交流会も開催しますので、新たなネット
ワーク形成の場としてご活用下さい。
皆様方の多数のご来場をお待ちしております。


【日時】平成24年3月12日(月)13:00~18:00

【場所】仙台国際ホテル 2階 平成の間
   (宮城県仙台市青葉区中央4-6-11 TEL:022-268-1111 )

【プログラム】

◆13:00~ 開会(平成の間 中)

◆13:10~13:40 基調講演(平成の間 中)
  テーマ:「がんばろう日本-日本の企業を知財で応援-」
  櫻井 孝 氏(特許庁 特許技監)

◆13:40~14:40 特別講演(平成の間 中)
  テーマ:「グローバル競争下におけるものづくり企業の経営戦略」
  大山 健太郎 氏 (アイリスオーヤマ株式会社 代表取締役社長)

◆14:50~16:50 ものづくり日本大賞表彰式(平成の間 西)
 東北地域の優秀賞、東北経済産業局長賞受賞者の表彰と東北地域の内閣
 総理大臣賞、経済産業大臣賞及び特別賞受賞者を紹介いたします。

◆14:50~16:30 知的財産経営トークセッション(平成の間 中)
 テーマ:「東北ものづくりの再生に向けて」
【モデレータ】
 塚越 雅信 氏(インクタンク・ジャパン株式会社 代表取締役社長)
【パネリスト】
 佐原 雅史 氏(株式会社ブライナ 代表取締役)
 中山 廣男 氏(テフコ青森株式会社 代表取締役会長)
 近藤 善一 氏(株式会社コンド電機 代表取締役社長)

◆17:00~18:00
 情報交流会(会費制:4,000円)(平成の間 東)

◆12:30~15:30、17:00~18:00
 製品・パネル展示 (2階 ホワイエ、平成の間 東)
 ・東北地域の第4回ものづくり日本大賞受賞製品を一堂に展示します。

【参加人数】延べ180名程度 (会場定員 各120名)

【参加費】無料(情報交流会を除く)

【主催】東北経済産業局、東北地域知財戦略本部

☆詳細はこちらから
 http://www.tohoku.meti.go.jp/2004_tokkyo/topics/pdf/120216.pdf

◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆

 3.2011年度 地域イノベーション・シンポジウム
  「挑戦者たちが語る地域発イノベーション」のご案内

◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆
 東日本大震災からの東北地域産業の復興は、交通網などのインフラや建物な
どのハードウェアの復旧に留まらず、経済の仕組みや政策などのソフトウェア
の再構築、およびそれらを実現するための人材が大きな鍵を握っています。と
りわけハードウェアとソフトウェアが整備されたとしても、究極的にはそれら
を活用してイノベーションを実現する挑戦者(イノベーター)の存在が不可欠
ではないでしょうか。しかし、これまでは東北地方にはこのような挑戦者たち
が少なく、ベンチャービジネスの不毛地帯とさえ言われてきたこともあります

 ところが、実際には東北地方には挑戦者たちによる隠れたイノベーションが
多数存在しています。では、何故、どのようにして彼(女)らはイノベーショ
ンを実現することができたのでしょうか。今年度のシンポジウムではこうした
挑戦者たちのイノベーションへの取り組みの軌跡から成功の秘訣を明らかにし
たいと考えています。東北地域で新たな一歩を踏み出そうとしている多くの方
々と一緒に地域発イノベーションへの挑戦のあり方を共有したいと思います。
 


◆主 催
 東北大学大学院経済学研究科地域イノベーション研究センター
 財団法人東北活性化研究センター

◆開催日程
 日時:2012年3月17日(土) 13:30~17:30
 場所:仙台国際センター 萩
 (住所:仙台市青葉区青葉山 TEL:022-265-2211)
 (入場無料)
 
◆開催内容
1.基調講演:「なぜ儲かっているのか分からない会社」の発想
  神戸大学大学院経済経営研究所フェロー/
           ジャーナリスト 長田貴仁 氏

2.2011年度 共同研究プロジェクト調査報告
  「地域発イノベーション事例」
  東北大学大学院経済学研究科 准教授 福嶋 路  他

3.パネル討議:イノベーションを導く挑戦者の要件
  司会:東北大学大学院経済学研究科 教授
      地域イノベーション研究センター長 藤本雅彦
  パネリスト
   神戸大学          長田 貴仁 氏
   株式会社ジェイファーム 庄司 祐子 氏
   東洋システム株式会社 庄司 秀樹 氏
   株式会社清月記     菅原 裕典 氏

◆開催案内掲載ホームページ
 http://www.econ.tohoku.ac.jp/rirc/
 (東北大学大学院経済学研究科 地域イノベーション研究センター)

◆お申込み方法
 ・メール
  下記アドレスへ 氏名、所属・役職、FAX番号、電話番号、
  E-Mailアドレス、住所を記載しお送りください。
 ・FAX
  下記FAX番号へ ホームページ掲載のチラシ裏面の申込欄に
  必要事項を記載しお送りください。

◆お申込み締切日
 2012年3月14日(水)

◆お問合わせ先
東北大学大学院経済学研究科 地域イノベーション研究センター
〒980-8577
宮城県仙台市青葉区片平2丁目1-1
エクステンション教育研究棟 6階
TEL:022-217-6265 FAX:022-217-6266
E-mail:sympo2011@econ.tohoku.ac.jp

ページの本文はここまでです
ここからこのウェブサイトに関する情報です
ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です