ページの先頭です 本文へスキップ ここからグローバルナビゲーションです グローバルナビゲーションはここまでです ここからページの本文です

印刷印刷

バックナンバー

【コリドー会員メルマガ】平成26年度 宮城県海外展開事業者支援事業「グローバルビジネススクール2014(前期)」の開催

2014年5月30日号

TOHOKUものづくりコリドーニュース

                           平成26年5月30日
                            No.26-10

◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆

平成26年度 宮城県海外展開事業者支援事業
   「グローバルビジネススクール2014(前期)」の開催


◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆

一般社団法人キッズキングダムインターナショナル(KKI)では、
これから海外事業を展開しようと検討する初期段階の企業様向けに、
知識と経験を養う体系的な内容のセミナーを開催いたしております。
今回は、その一環として6月7日(土)に開催予定のセミナーについて
下記のとおり参加ご案内申し上げます。

【グローバルビジネススクール2014(前期) 6月7日(土)開催内容】

◆日 時:6月7日(土)13:00~15:00
◆場 所:仙都会館 (仙台青葉区中央2-2-10)
◆定 員:20名程度 (1社につき2名程度まで。先着順)
◆対 象:自社製品をお持ちの企業経営者または経営に携わる方々等で、
かつ、海外進出や海外マインドを持った人材の育成に興味のある方

◆内 容:
 ・テーマ:「技術を持つ企業の海外進出におけるビジネスチャンス
~海外自動車部品OEMメーカーでの経験~ASEANを中心に」

→今回のセミナーは、ASEAN諸国の自動車部品関連事業に携わっていた
講師の長年の経験にもとづき、日本の自動車部品メーカーの現地進出状況
事例紹介をはじめ、中小部品メーカーが海外進出の初期段階で直面する
課題や海外進出検討時における留意点等について講演していただきます。
また、海外研修で訪問する予定の、現地日系自動車部品メーカー
(金属プレス部品)の事例も取り上げていただきます。

<訪問予定の現地企業様>
・MATOMEK社(マレーシア)
(http://www.matomek.com/)

・MATOMEK社の母体(鹿児島)
(http://www.hiwakiseiko.co.jp/pc/company.html)


◆講 師:林 邦彦氏(KHインターナショナル代表、株式会社城
          南製作所顧問)
 自動車部品OEMメーカーでの海外駐在経験が長く、イギリス、
 ドイツをはじめ、マレーシアには10年駐在。
 マレーシアでは、現地および日系自動車メーカーへの自動車部品販売を
支援。特に日本の自動車部品メーカーの現地進出に関する知識と経験は
豊富。


◆参加費:無料


◆ご参考:
平成26年度 宮城県海外展開事業者支援事業
「グローバルビジネススクール2014(前期)」概要(全体像)

<国内研修>
第1回:5月24日(土) 13:00~15:00 → 終了いたしました。
テーマ:「マレーシアの商習慣と現地理解」
講 師:山田 光彦氏
   (ABIC会員、元住友商事株式会社 マレーシア駐在経験者)

第2回:6月7日(土) 13:00~15:00
    → 今回のご案内にて参加申込受付中
テーマ:「技術を持つ企業の海外進出におけるビジネスチャンス
   ~海外自動車部品OEMメーカーでの経験~ASEANを中心に」
講 師:林 邦彦氏
   (KHインターナショナル代表、株式会社城南製作所顧問)

第3回:6月21日(土)13:00~15:00
テーマ:「IT企業経験者による海外進出の転機と起業のプロセス」
講 師:小田 哲三氏
  (在馬企業 Fujitsu Systems Global Solutions SDN.BHD 代表)

<異文化理解セミナー>
第1回:7月5日(土) 13:00~15:00
テーマ:「マレーシア・タイの文化紹介」
講 師:仙台在住のマレーシア人、タイ人

<海外研修>
日程:8月7~8日(木・金)
内容:現地企業、日系企業などを訪問
(詳細は、国内研修受講者を対象にご案内いたします)



【お申込み・お問合せ】
お申し込みは下記ホームページ、またはFAXにて受け付けており
ます。

一般社団法人キッズキングダムインターナショナル(KKI)
担当:佐藤、石川
宮城県仙台市青葉区中央2-2-10 仙都会館5階
TEL:022-302-7640
FAX:022-302-7641
Mail:seminar@kki-jp.com
WEB:http://www.kki-jp.com

ページの本文はここまでです
ここからこのウェブサイトに関する情報です
ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です