ページの先頭です 本文へスキップ ここからグローバルナビゲーションです グローバルナビゲーションはここまでです ここからページの本文です

印刷印刷

バックナンバー

【コリドー会員メルマガ】希少金属(レアアース等)の代替・材料技術開発について(NEDO予告)

2010年11月15日号

TOHOKUものづくりコリドーニュース

                          平成22年11月15日
                            No.22-51


◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆
   
 希少金属(レアアース等)の代替・材料技術開発について(NEDO予告)

◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆

公募時期は明らかにはなっていませんが、プレス発表をしたこともあり、そう
遠くない時期に公募が開始されるかと思います。
当該予算は国の補正予算で行われることから、国会審議を経て交付されること
となります。

●希少金属(レアアース等)の代替・材料技術開発(120億円)
  1.希少金属代替材料開発プロジェクトの加速
  2.希少金属代替・削減技術実用化への集中支援

○事業概要
 レアアース総合対策の一環として、企業が取り組むレアメタル(レアアース
を含む)使用量削減技術の実用化を加速するための助成事業を平成22年度補
正予算の成立を前提に予定しています。
○目的
 レアメタルの代替材料開発、使用量削減技術の開発、回収技術の開発等、各
企業が独自で取り組んできた技術開発に対し、助成を行い早期の実用化を後押
しする。
○対象元素: レアメタルとして30元素、レアアース(希土類)として17元素
○研究開発期間: 平成22年度~平成23年度
○研究開発内容
 <想定されるテーマ>
  ・非セリウム汎用研磨剤利用による研磨工程最適化技術開発
  ・光学レンズ用ランタンの使用量低減製造技術開発
  ・ガラス研摩用セリウムのリサイクル技術開発
  ・使用済み製品(モーター、電池など)からのレアアース回収技術開発
 <事業の形態と予算規模>
  ・民間企業に対し2/3の助成を予定。事業予算総額約100億円。
○提案方法
 公募開始時にNEDOホームページで公開する公募要領に沿った提案を行ってく
ださい。

詳しくは下記ホームページをご覧ください。
https://app3.infoc.nedo.go.jp/informations/koubo/koubolist


ページの本文はここまでです
ここからこのウェブサイトに関する情報です
ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です