ページの先頭です 本文へスキップ ここからグローバルナビゲーションです グローバルナビゲーションはここまでです ここからページの本文です

印刷印刷

バックナンバー

【コリドー会員メルマガ】「革新的ナノカーボン材料開発事業(仮)」他1事業に係る公募案内 他

2011年12月16日号

TOHOKUものづくりコリドーニュース

                          平成23年12月16日
                            No.23-53


―――――目次―――――――――――――――――――――――――――
1.【NEDO情報】
 「革新的ナノカーボン材料開発事業(仮)」他1事業に係る公募について

2.イノベーションネットアワード2012
 地域産業支援プログラム表彰事業募集のご案内

3.(独)科学技術振興機構・せんだいコーディネーター協議会 共催
 技術移転に係わる目利き人材育成研修会(仙台開催)開催のご案内
――――――――――――――――――――――――――――――――――

□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
1.【NEDO情報】
「革新的ナノカーボン材料開発事業(仮)」他1事業に係る公募について
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■

以下の情報がNEDOのHPに掲載されましたので、お知らせいたします。

○「革新的ナノカーボン材料開発事業(仮)」に係る公募について(予告)
 http://www.nedo.go.jp/koubo/EF1_100013.html

 公募開始予定時期:平成24年1月中旬

○「低炭素社会を実現する革新的カーボンナノチューブ複合材料開発
 プロジェクト(応用研究開発)」
 に係る公募について(予告)
 http://www.nedo.go.jp/koubo/EF1_100012.html

 公募開始予定時期: 平成24年1月中旬
 
----------------------------------------------------------------------
○「革新的ナノカーボン材料開発事業(仮)」に係る公募について(予告)

1.事業内容
(1)概要
 情報通信、ライフサイエンス、環境、エネルギーなど、あらゆる分野に対
  して高度化あるいは不連続な技術革新をもたらす可能性を持つ、グラフェ
  ンをはじめとした革新的ナノカーボン材料、およびそれを用いた部材につ
  いて、研究開発を行う。

(2)研究開発期間
 採択決定日から平成24年度

(3)公募期間
 平成24年1月中旬~2月中旬(予定)

2.説明会
 公募説明会を平成24年1月に行う予定です。

3. 応募方法等
 公募要領等の詳細は公募開始日にNEDOのホームページに掲載します。

4.NEDO HPへのリンク
 http://www.nedo.go.jp/koubo/EF1_100013.htm

----------------------------------------------------------------------
○「低炭素社会を実現する革新的カーボンナノチューブ複合材料開発
 プロジェクト(応用研究開発)」に係る公募について(予告)

1.事業内容
(1)概要
 NEDOでは、平成23年度から「低炭素社会を実現する革新的カーボンナノ
  チューブ複合材料開発プロジェクト」において、単層カーボンナノチュ
  ーブを最適形状に合成する基盤技術の開発、成形加工・分散技術の開発、
  既存材料と複合化した新機能材料の開発を目標として研究開発を行って
  きましたが、さらに技術開発項目を追加することにより、我が国の単層
  カーボンナノチューブ産業を創製し、未来の省エネルギー社会に貢献す
  る材料技術の確立を目指します。
 技術開発項目については、公募開始時にNEDOのホームページに掲載します。
 
(2)研究開発期間
   研究開発期間は、採択決定日から平成27年2月までとします。
 
(3)公募期間
   平成24年1月中旬~2月中旬(最終日午前12時まで)

2.説明会
 公募説明会を開催する予定です。
 (詳細は公募開始日に掲載します。)

3. 応募方法等
 公募要領等の詳細は公募開始日にNEDOのホームページに掲載します。

4.NEDO HPへのリンク
 http://www.nedo.go.jp/koubo/EF1_100012.html

【両事業についてのお問い合わせ先】
 電子・材料・ナノテクノロジー部 
担当者:槇田、山田、桐原
E-MAIL:cnt-project@ml.nedo.go.jp


□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
 2.イノベーションネットアワード2012
  地域産業支援プログラム表彰事業募集のご案内
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■

日本各地においては、新事業・新産業創出を目的として、地域特性に応じて
多様な地域産業支援プログラムを実践し、様々な成果を上げています。
全国イノベーション推進機関ネットワークでは、このような優れた取り組みを
積極的に評価し、表彰することによってさらなる地域産業振興・活性化を目指
します。
また、地域産業の振興・活性化を促進するためには、優れた先進事例から学ぶ
ことが大変有効な手段です。
先進事例の仕組み、実施ノウハウを地域間で共有することによって、我が国の
産業支援基盤の強化を目指します。
本表彰事業は、各地の地域産業支援プログラムの質的向上及び取り組みの普及
を図り、より一層の地域産業の振興・活性化を喚起、促進することを目的に実
施します。
詳細は、下記リンクからご覧下さい。

http://www.innovation-net.jp/info/award2012.html

【お問い合わせ先】
全国イノベーション推進機関ネットワーク事務局
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-8-11 YWCA会館8F (財)日本立地セン
ター内
TEL.03-3518-8973 FAX.03-3518-8970
E-mail awards@jilc.or.jp http://www.innovation-net.jp


□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
 3.(独)科学技術振興機構・せんだいコーディネーター協議会 共催
   技術移転に係わる目利き人材育成研修会(仙台開催)開催のご案内
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■

せんだいコーディネーター協議会より研修会のご案内です。
 今回、(独)科学技術振興機構(JST)と共催で『技術移転に係わる目利
き人材育成研修会(仙台開催)』を開催いたします。
『技術移転に係わる目利き人材育成研修』は、JSTが産学連携に携わるコー
ディネーター等の専門能力の向上、目利き人材のネットワーク構築を目的に毎
年体系的に実施されているもので、今回、その中の「拠点コース(地域が有す
る特長ある技術シーズの実用化を目指して)」として、当地域で実施いただく
こととなりました。
研修会開催日程が確定致しましたので、下記の通りご案内申し上げます。

【研修概要】

※詳細はこちらをご覧ください⇒http://bit.ly/tG7jGg

1.研修日程:平成24年1月20日(金)10:00~17:30
2.研修場所:仙台市産業振興事業団会議室(AER7F)
3.募集人数 :20名
4.申込方法 :参加希望者は、下記URLより申込書に記入し、
        事務局へE-mailにてお申込み下さい。
【参加申込書】⇒http://bit.ly/vnqd3F

○JST 目利き人材育成研修について
 http://www.jst.go.jp/tt/mekiki/

なお、本研修会の運営は、JSTから委託を受けた(財)全日本地域研究交流
協会(JAREC)が行います。
そのため、本研修の参加申込先は、以下となっておりますので、ご留意いただ
けますと幸いです。
 
【研修参加申込み・申込みに関するお問合せ】
 財団法人 全日本地域研究交流協会 目利き人材育成研修会 事務局
  馬場 裕二、石井 民子
 〒113-0034 東京都文京区湯島3-31-6
 TEL:03-3831-5911 FAX:03-3831-7702
 E-mail:sendai@jarec.or.jp

【プログラム概要】http://bit.ly/tG7jGg

1.ビジネスモデルの考え方
2.JSTが推進する拠点ネットワーク事業紹介
3.地域シーズの紹介
  1)米粉を使った新しい商品
  2)MEMS(Micro Electro Mechanical Systems:微小電気機械素子
およびその創製技術)
4.Gr実習
 2Grに分かれてビジネスモデルの策定を行う。
5.発表・質疑応答
 各Grが討議結果を発表し、質疑応答などを行う。
 ※詳細は、上記URLからご覧下さい。

《研修プログラム全般に関するお問合せ》

 独立行政法人 科学技術振興機構 イノベーション推進本部 
  産学連携展開部 産学連携担当:岩本 泰典、松本 葵
  〒102-8666 東京都千代田区四番町5-3
  TEL:03-5214-7519 FAX:03-5214-8399




ページの本文はここまでです
ここからこのウェブサイトに関する情報です
ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です