ページの先頭です 本文へスキップ ここからグローバルナビゲーションです グローバルナビゲーションはここまでです ここからページの本文です

印刷印刷

バックナンバー

【コリドー会員メルマガ】「シンガポール医療機器見本市」参加者募集のお知らせ 他

2010年6月14日号

TOHOKUものづくりコリドーニュース

                          平成22年 6月14日
                            No.22-08

―――――目次―――――――――――――――――――――――――――
 1.「シンガポール医療機器見本市 MEDICAL FAIR ASIA ミッション」
            参加者募集のお知らせ

 2.【NEDO公募情報:開始】
平成22年度「ナノテク・先端部材実用化研究開発」について
――――――――――――――――――――――――――――――――――



◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆
   
 1.「シンガポール医療機器見本市 MEDICAL FAIR ASIA ミッション」
            参加者募集のお知らせ

◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆

 この度、ジェトロでは医療機器分野における市場開拓を目的に、同分野での
海外販路開拓を希望される企業の皆様を対象としたシンガポールでのミッショ
ンを実施します。

2010年9月にシンガポールで開催される東南アジア最大規模の医療機器分野見
本市「MEDICAL FAIR ASIA 2010」に共同商談ブース(ジャパンブース)を設置
し、現地バイヤーとのビジネス・マッチングを支援します。
また見本市トライアル出展のほか、事前ブリーフィング、市場視察ツアーなど
も併せて企画します。
ぜひこの機会に、本ミッションへの参加をご検討ください。


「シンガポール医療機器見本市 MEDICAL FAIR ASIA ミッション」概要

◆実施期間:2010年9月13日(月曜)~17日(金曜) 5日間
◆訪問都市:シンガポール(現地集合・解散)
◆内 容:市場視察ツアー、現地企業との商談等
◆募集人員:10社程度
◆申込締切:2010年6月30日(水曜)
◆詳細・お申し込みはこちら↓↓
 http://www.jetro.go.jp/events/tradefair/20100531828-event
◆お問い合わせ先:ジェトロ 海外市場開拓課(担当:松永、赤澤)
         TEL:03-3582-5313 FAX:03-5572-7044
         E-mail:oma-8@jetro.go.jp
またジェトロでは今年度、上記ミッション以外にも医療・福祉機器分野の支援
サービスを下記の通り用意しております。

<海外見本市出展支援プログラム>
 9月「中国国際福祉博覧会」(中国・北京)※出展者募集中
(出展者募集ウェブサイト)
http://www.jetro.go.jp/events/tradefair/20100517392-event
11月「MEDICA」(独・デュッセルドルフ)※出展者募集中
(出展者募集ウェブサイト)
http://www.jetro.go.jp/events/tradefair/20100422222-event
 2月「MD&MWest」(米・アナハイム)

<ミッション派遣プログラム>
 1月「ARAB HEALTH 2011」(UAE・ドバイ)
 3月「KIMES 2011」(韓国・ソウル)


◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆
   
 2.【NEDO公募情報:開始】
平成22年度「ナノテク・先端部材実用化研究開発」について

◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆

 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の研究開発事業
の公募が開始されましたのでお知らせいたします。
なお、詳細は下記の「7.公募情報掲載URL」よりアクセスしていただき、
公募要領等をご確認下さい。

1.公募掲載
  平成22年度「ナノテク・先端部材実用化研究開発」

2.公募期間
   6月11日(金)~7月26日(月)正午まで

3.事業概要
 本事業では川上と川下の垂直連携、異業種・異分野の連携(シーズとニーズ
 のマッチング)による新しい産業創出を目指して、大学や企業等における革
 新的なナノテクノロジーを活用し、3~5年後の実用化につながるレベルの研
 究開発を行います。

4.研究開発期間
 各研究フェーズ(ステージⅠ、ステージⅡ)の研究開発期間は、
 各々2~3年を目安とします(ステージⅠ、Ⅱ合計で最長5年)。

5.研究開発費
 各研究フェーズの研究開発費(NEDO 負担分)は、次のとおりです。
 ステージⅠ(先導的研究開発):7千万円/年(税込み)を上限とします。
 ステージⅡ(実用化研究開発):2億円/年(税抜き)を上限とします。

6.問い合わせ先
 7月20日(火)までに限り下記宛に電子メールにて(日本語のみ)
 受け付けます。
 ただし、審査の経過等に関するお問い合わせには応じられません。

 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構
 ナノテクノロジー・材料技術開発部
E-mail:nanotech_challenge@nedo.go.jp

7.公募情報掲載URL:
https://app3.infoc.nedo.go.jp/informations/koubo/koubolist
 ↑より 平成22年6月11日掲載
       平成22年度「ナノテク・先端部材実用化研究開発」
       をご覧下さい。

ページの本文はここまでです
ここからこのウェブサイトに関する情報です
ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です