ページの先頭です 本文へスキップ ここからグローバルナビゲーションです グローバルナビゲーションはここまでです ここからページの本文です

印刷印刷

バックナンバー

【コリドー会員メルマガ】無料講座のご案内 他

2009年12月7日号

TOHOKUものづくりコリドーニュース

                         平成21年12月 7日
                            No.70

―――――目次―――――――――――――――――――――――――
1.中国赴任、国際業務担当者のキャリアアップ応援/無料講座のご案内

2.自動車関連等海外展示商談会への出展ご案内(ジェトロ主催)
――――――――――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆

 中国赴任、国際業務担当者のキャリアアップ応援/無料講座のご案内
 ~人事・労務管理等、中国での運営管理の問題解決能力や実践力講座~ 

◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆

 財団法人海外職業訓練協会(OVTA)様から、標記講座のご案内が参りました
のでご紹介いたします。
 OVTA様では、海外に赴任される方や国際業務を担当する方々のキャリア
アップを応援すべく、標記講座を開催します。人事・労務管理を中心に、中国
での運営管理に係る問題解決能力や実践力について、4テーマに分けて学びま
す。
 中国において管理者的役割を担うことが予定されている方、或いは海外業務
を担当される方には大変役立つ内容のようですのでご活用下さい。

■講座名:中国編「グローバル人材育成プログラム」
     コース名「管理者養成コース 中国編」

■内 容:中国における社会・経済・文化・制度等から発生する諸問題と
     リスク管理、人事・労務管理、労使コミュニケーション、指導
     テクニックなどについて学びます。

(1) 社会・制度等の予備知識と諸課題への対応(H22.2.2~3)
 :社会と文化・経済事情・企業設立と撤退(加工貿易、設立手続き、撤退・
  休眠他)、経営とリスク管理、コンプライアンス、メンタルストレスの
  対処法など

(2) 人事・労務管理(H22.2.9~10)
 :人材マネジメント課題・採用方法(管理者の役割、日系企業特有の課題、
  面接留意点他)、評価報酬制度・人材育成と登用(賃金制度、福利厚生、
  現地化、事例研究他)

(3) 労使関係・労使コミュニケーション(H22.2.16~17)
 :労働関係法規と課題(労働関係法規の概要、労働契約法、労働契約書他)
  採用から雇用までの留意点・労使紛争と対策(労働意識、紛争解決法、
  組合設立他)、新会社法に伴う課題と対応など

(4) 指導テクニック(H22.2.23~24)
 :中国事情と課題・中国人の理解(歴史認識、経済環境、労務管理事例研究
  、意思疎通他)、交渉の仕方と留意点・ロジカルコーチングの活用など

■開催日・講師(全8日間-計56時間)

 (1)平成22年2月 2日(火)・ 3日(水)  野中義晴 氏
 (2)平成22年2月 9日(火)・10日(水)  金子行宏 氏
 (3)平成22年2月16日(火)・17日(水)  梶田幸雄 氏
 (4)平成22年2月23日(火)・24日(水)  平沢健一 氏

■会場:セントレ東北(8階会議室)
    <仙台市青葉区中央2-9-10(電力ビル向かい)>

■対象者:原則として雇用保険適用事業所にお勤めの方で
 ・中国勤務が予定されている方
 ・中国業務を担当、希望している方
 ・中国ビジネスに関心のある方

■受講時間:9時30分~17時30分

■受講料:無料 

■申込締切日及び定員
 ・申込み〆切:平成22年1月18日(月)
        (但し、定員になり次第締切ります)
 ・定員:20名

■主催:(財)海外職業訓練協会(OVTA)(厚生労働省委託事業)

■お問合せ・申込先■
 :(財)海外職業訓練協会 仙台事務所
  仙台市青葉区中央2-2-1 仙台三菱ビル4階
   TEL:022-716-0521 FAX:022-716-0522
   E-Mail:sendai@ovta.or.jp

■申込方法
 :FAX、E-mailでお申込の方は、記載事項(コース名、お名前、会社名、
  所在地、TEL、FAX、E-mail など)を明記の上、仙台事務所までご連絡
  ください。
  又は、OVTAホームページ上にてもお申込みいただけます。

  ※OVTAホームページ
   → http://www.global-hrd.jp/div/global/learning.html
   ホームページ上では『Ⅳ管理者養成コース(講座コードS024CH1)』
   となっております。


◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆

  自動車関連等海外展示商談会への出展ご案内(ジェトロ主催)
   ~ マレーシアの自動車関連展示会へは費用支援あり ~

◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆

1.マレーシア自動車ビジネスミッション

  ジェトロは、マレーシア自動車部品工業会(MACPMA)との協力により、
 両国の自動車部品産業間のビジネス拡大(技術提携、調達ソースの確保、
 投資等)を目的とするマレーシア自動車産業ビジネスミッションを派遣し
 ます。

  マレーシアでは国民車生産メーカーを軸に優良な部品関連企業が育って
 います。また、日系自動車部品製造業との技術提携を期待する動きも見ら
 れます。国内の乗用車市場の規模もASEAN最大で、乗用車の年間販売台数は
 約50万台です。

  マレーシアの自動車部品企業との技術提携や部品調達、投資をお考えの
 自動車部品製造業の皆様のご応募をお待ちしています。

 ■派遣期間(予定)
  2010年1月24日(日)~28日(木)

 ■訪問地域
  マレーシア・クアラルンプール

 ■内 容
  ・国民車アセンブラー視察、自動車部品製造企業視察
  ・マレーシア自動車部品工業会主催による同国自動車・部品業界ブリー
   フィング(最新のマレーシア自動車市場動向、国民車メーカー(Proto
   n・Perodua社)の動向、マレーシア企業との連携のメリット 等)
  ・マレーシア自動車部品企業との交流を目的としたディナーレセプショ
   ン等
  ・参加者個別の関心に応じて、マレーシア自動車関連企業との面談をア
   レンジ

 ■お申し込み締め切り
  2009年12月11日(金)
 
 ■支援内容(費用負担)
  日本-クアラルンプ-ル往復航空費等、ジェトロが負担。
  (詳細については、下記URLを御覧ください)

 ■募集案内及び詳細等はこちらからお願いします。
  http://www.jetro.go.jp/events/others/20091030508-event

 ■お問い合わせ先
  ジェトロ・アジア支援課(担当:大森、吉田、道法(どうほう))
  TEL:03-3582-5170 FAX:03-3585-1630
  E-mail:teb@jetro.go.jp


2.中国 北京天津・韓国 ソウル 環境ビジネス商談・視察ミッション

  ジェトロは、中国および韓国における環境エネルギー分野の市場開拓・
 輸出促進を目的に、中小企業の方々を対象とするミッションを両国に派
 遣します。

  人口13億を超える中国では、急激な経済成長を背景に環境保全とエネ
 ルギー資源の確保が大きな課題となっており、積極的な環境政策の下で、
 水処理、排煙処理、リサイクル処理をはじめとする環境先進国の製品技
 術などに様々なビジネスチャンスが期待されています。

  他方、李明博大統領の強いリーダーシップによりグリーン・ニューデ
 ィール政策を推進する韓国では、省エネ対策や新エネ技術などエネルギ
 ー関連の技術や製品に関心が高まっています。海外の先端技術や 環境
 関連製品を導入する際には税制上の優遇措置を打ち出しており、外国企
 業の韓国マーケットへの参入のチャンスがますます拡大しています。

  本ミッションでは、ジェトロの海外ネットワークを駆使して、バリュ
 ーの高い市場視察と個別商談の機会を提供します。ぜひご参加ください。

 ■派遣期間
  2010年1月31日(日)~2月6日(土)

 ■訪問都市
  中国・北京市、天津市、韓国・ソウル市

 ■内容
  ・中国企業との商談会
  ・環境関連企業視察
  ・日中環境・省エネ企業 意見交換会
  ・韓国企業との商談会
  ・Solar PV Expo2010視察 等

 ■お申し込み締め切り
  2009年12月14日(月)

 ■募集案内及び詳細等はこちらからお願いします。
  http://www.jetro.go.jp/events/others/20091116260-event

 ■お問い合わせ先
  <企画・内容に関するお問い合わせ>
  ジェトロ海外市場開拓課(担当:石田、松永、赤澤)
  TEL:03-3582-5313 FAX:03-5572-7044
  E-mail:oma@jetro.go.jp


ページの本文はここまでです
ここからこのウェブサイトに関する情報です
ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です