ページの先頭です 本文へスキップ ここからグローバルナビゲーションです グローバルナビゲーションはここまでです ここからページの本文です

印刷印刷

バックナンバー

【コリドー会員メルマガ】「日本-シリコンバレー医療機器イノベーションのためのエコシステム会議」のご案内

2014年9月4日号

TOHOKUものづくりコリドーニュース

                           平成26年9月4日
                            No.26-31

◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆

「日本-シリコンバレー医療機器イノベーションのためのエコシステム会議」
のご案内

◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆

東北大学は古くから医工連携に取り組み新しい医療技術や医療機器の開発を
行ってきました。しかし我が国における新規医療機器開発は、ニーズとシーズ
のずれ、死の谷や、各種規制あるいはビジネスモデルの欠如などが原因となり
一部の医療機器を除いて実用化につながることが少なく、我が国の高いものづ
くり技術が活かされていないと言われています。本会議では医療機器創生先進
地域であるシリコンバレーにおける革新的医療機器創実用化のための研究開発
から事業化までの一連のプロセス「医療機器イノベーションとインキュベーシ
ョンのエコシステム」を東日本大震災からの復興の柱の一つとして地域におけ
る医療機器創生を目指す東北地方に紹介し、日本における医療機器創生エコシ
ステムの構築を討議する国際会議を開催します。


1.開催日時:2014年10月3日(金)9:00より

2.開催場所:東北大学萩ホール

3.プログラム
(午前の部)
・主催者挨拶
・基調講演
・医療イノベーション-日本とシリコンバレーの相違-
・多国籍大企業におけるイノベーション
・シリコンバレーにおけるイノベーションとインキュベーション

(ランチョンセミナー)
・東北大学医工学連携について

(午後の部)
・医療機器イノベーションとインキュベーションのグローバルモデル
・日本の医療機器イノベーション政策
・日本の医療機器イノベーション:現在と未来
・医療機器イノベーションに対する東北地方の状況:現在と未来
・グローバルな医療機器創造のために

4.その他
主催:東北大学メディカルサイエンス実用化推進委員会
共催:知と医療機器創生宮城県エリア, US-Japan MedTech Frontiers
後援:文部科学省、厚生労働省、経済産業省

5.お申し込み
下記urlよりお願いいたします。
http://www.ms.tohoku.ac.jp/news/event/detail.php?id=45

ページの本文はここまでです
ここからこのウェブサイトに関する情報です
ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です