ページの先頭です 本文へスキップ ここからグローバルナビゲーションです グローバルナビゲーションはここまでです ここからページの本文です

印刷印刷

バックナンバー

東北大学 磁性材料 地域連携研究フォーラム(10/28)のご案内

2013年10月9日号

TOHOKUものづくりコリドーニュース
                           平成25年10月9日
                            NO.25-20

 ***********************************************************
  東北大学 磁性材料 地域連携研究フォーラム(10/28)のご案内  
 ***********************************************************

 東北大学は、文部科学省の産学官協働による素材技術研究開発拠点形成
事業である「東北発素材技術先導プロジェクト」を平成24年6月から
開始し、本プロジェクトの「超低損失磁心材料技術領域」では、トランス
やモータ等の磁心における電力損失を大幅に低減する新ナノ結晶軟磁性
材料の研究開発を行っています。

 本拠点は、東北素材産業の発展を牽引し東北の新産業創出・産業集積に
資することを目指しており、地域連携の一環として「研究フォーラム」を
開催しています。第1回目の研究フォーラムでは、磁心材料の市場動向に
関する公開セミナー等を実施し、地域企業・研究機関・自治体の大勢の
皆様に御参加いただきました。

 今般、地域の皆様に広く本研究をご理解・ご支援いただくため、第2回目の
研究フォーラムを開催いたしますので、皆様のご参加をお願い申し上げます。

1.名称:東北大学 東北発素材技術先導プロジェクト
     超低損失磁心材料技術領域 第2回 地域連携 研究フォーラム
2.日時:平成25年10月28日(月)14:00~17:30
            (情報交換会17:30~19:00)
3.場所:東北大学 金属材料研究所 2号館講堂
   (宮城県仙台市青葉区片平2-1-1)
4.内容:
 (1) 公開セミナー 14:00~17:30(参加無料)
   テーマ: <ナノ結晶材料の研究動向>
 §1 基調講演
  ① 高鉄濃度ナノ結晶軟磁性材料の研究動向
   (東北大学 名誉教授 藤森啓安 様) 
  ② 先端電子顕微鏡法による金属ナノ組織研究
   (大阪大学 名誉教授 弘津禎彦 様)
  ③ ナノ結晶軟磁性材料の研究拠点形成
   (研究代表者 東北大学 金属材料研究所 教授 牧野彰宏)
  §2 研究報告
  【座長,通訳】
   (東北大学 金属材料研究所 特任教授 竹内章)
  ① ナノ結晶生成メカニズムの解明
   (東北大学 金属材料研究所 特任准教授 西嶋雅彦)
  ② 磁気損失発現メカニズムの解明
   (東北大学 金属材料研究所 特任准教授 Sharma Parmanand)
  ③ 低損失高Bs薄帯の開発
   (東北大学 金属材料研究所 助手 竹中佳生)
  ④ ナノ結晶材料の応用性能評価
   (東北大学 金属材料研究所 特任教授 別所忠夫)
  ⑤ トランス・リアクトルへの応用実証
   (日幸電機株式会社 様)
 (2) 情報交換会 17:30~19:00(会費1,000円)

5.申込方法:事前にメールにて、参加申し込みをお願い致します。
6.申込み先:
  東北大学金属材料研究所 超低損失ナノ結晶軟磁性材料研究開発センター
  E-mail nanoc@imr.tohoku.ac.jp 電話 022-215-2718(担当:奥山)
7.ご案内ホームページ
  東北大学 東北発素材技術先導プロジェクト 超低損失磁心材料技術領域
  http://nanoc.imr.tohoku.ac.jp/


ページの本文はここまでです
ここからこのウェブサイトに関する情報です
ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です