ページの先頭です 本文へスキップ ここからグローバルナビゲーションです グローバルナビゲーションはここまでです ここからページの本文です

印刷印刷

バックナンバー

【コリドー会員メルマガ】シンポジウム開催のご案内 他

2009年10月20日号

TOHOKUものづくりコリドーニュース

                      平成21年10月20日
                            No.60

―――――目次――――――――――――――――――――――――――
1.第4回連携・シンポジウム(第18回GIC研修セミナー)開催のご案内

2.カーボンフットプリント制度説明会 開催のご案内
―――――――――――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆
   
  MEMSパークコンソーシアム/
    グリーンプロセスインキュベーションコンソーシアム(GIC)
 第4回連携・シンポジウム(第18回GIC研修セミナー)開催のご案内
   ~MEMS利用とナノ空間設計技術の新展開~

◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆

 MEMSパークコンソーシアムでは、TOHOKUものづくりコリドー「MEMS分野」の
活動の一環として、グリーンプロセスインキュベーションコンソーシアム(GI
C)と共催で第4回連携・シンポジウム(GIC第18回研修セミナー)を開催する
ことと致しましたのでご案内申し上げます。


1.連携・シンポジウム開催の趣旨
 昨年に引き続き、MEMSパークコンソーシアムとグリーンプロセスインキュベ
ーションコンソーシアム(GIC)との第4回連携・シンポジウム(GIC第18回研
修セミナー)を開催する運びとなりました。主題は「MEMS利用とナノ空間設計
技術の新展開」であります。今後、MEMSシーズとナノ空間設計シーズとの融合
が図られ、東北地域をはじめとする各地域でのイノベーション推進に繋がるこ
とを願っております。

2.日 時:10月27日(火)13:30~19:00

3.場 所:産総研東北センター とうほくOSL(東北産学官連携研究棟)
(〒983-8551仙台市宮城野区苦竹4-2-1
    TEL:022-237-4003 FAX:022-284-4531)

4.共 催:MEMSパークコンソーシアム、
       グリーンプロセスインキュベーションコンソーシアム(GIC)

5.コーディネータ:GIC  :ナノ空間設計チーム研究チーム長 花岡 隆昌
     MEMSPC:事務局長 竹井 裕

6.参加者:MEMS&GICコンソーシアム会員、他

7.プログラム概要(案):
事務局から挨拶  13:30~13:40 
   水上富士夫 GIC会長、産総研コンパクト化学プロセス研究センター長

●GIC
講演Ⅰ.(13:40~14:25)(座長:長谷川泰久)
講師: 広島大学大学院工学研究科物質化学システム専攻 教授 佐野 庸治
講演題目:「ゼオライトの自在設計・合成を目指して!」

講演Ⅱ.(14:25~15:10)(座長:石井亮)
講師:
 太陽化学株式会社インターフェイスソリューション事業部執行役員研究開発
担当 南部 宏暢
講演題目:
 「メソポーラスシリカの工業生産化とハイブリッド材料としての可能性」

《休  憩(15:10~15:30)》

●MEMSPC
講演Ⅲ.(15:30~16:15)(座長:宮田寛之)
講師:東北大学産学連携推進本部・仙台市MEMS開発ディレクター
       戸津 健太郎
講演題目:仙台におけるMEMSの取組み

講演Ⅳ.(16:15~17:00)(座長:加藤博之)
講師:㈱リコー 研究開発本部東北研究所・
    仙台市MEMS開発アシスタントディレクター 大高 剛一
講演題目:微細加工技術による形状制御

閉会の挨拶 17:00~17:05
      東北経済産業局 資源エネルギー環境部 次長 徳能 邦幸

8.懇親会: 時間:17:15~19:00
会場:とうほくOSL棟交流室
会費:3,000円(当日受付)

9.お申込み・お問合せ
 会社名(団体名)、所属、氏名、連絡先(電話番号、E-mailアドレス)、
  懇親会参加の可否をご記載の上、下記までE-mailでお申込み下さい。

MEMSパークコンソーシアム事務局
〒980-8579 仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-01
東北大学大学院工学研究科付属マイクロ・
             ナノマシニング研究教育センター内
TEL:022-795-4263  FAX:022-795-6259
E-mail: memspc@mems.mech.tohoku.ac.jp

MEMSパークコンソーシアムHP
http://www.memspc.jp/openseminar/opense28.html

◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆

   カーボンフットプリント制度説明会 開催のご案内
    ~ はじまります。製品の「CO2見える化」 ~
 
◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆

 東北経済産業局から、ものづくり企業の皆様への情報提供です。

 この度、カーボンフットプリント制度への理解を促進する観点から、「カー
ボンフットプリント制度説明会」が開催されますのでご案内します。

<第1部> 
 カーボンフットプリント制度の意義・これまでの経緯
                     や全体像などをご説明

<第2部> 
 大学、企業からの講師より、「CO2見える化」の取組事例をご紹介

 閉会後には、個別相談会も開催予定ですので、多くの皆様のご参加をお待ち
しております。

※カーボンフットプリント(炭素の足跡)とは・・・
 (「カーボンフットプリント制度の実用化・普及推進研究会の進め方につい
て」〔平成20年6月 経済産業省商務流通G流通政策課・産業技術環境局環
境調和産業推進室〕より抜粋)
 
○商品のライフサイクル全般(資源採掘から廃棄まで)で排出された温室効果
ガスをCO2量で表したもの。

○商品に表示(見える化)することで、事業者の温暖化対策を消費者にアピー
ルすると共に、消費者自身のCO2排出量の自覚を促す。

○サプライチェーンを通じた企業のCO2排出量削減を促進。

○CO2排出量の正確な測定は、カーボンオフセット(炭素の相殺)の普及に
も資する。


■日 時:10月29日(木)14:00~16:30

■場 所:仙台市情報・産業プラザ(ネ!ットU) 
     仙台市青葉区中央1丁目3番1号(AER5階、6階)
     TEL 022-724-1200
     http://www.siip.city.sendai.jp/netu/access.html

■主 催:社団法人産業環境管理協会
■対象者:カーボンフットプリント制度に関心のある事業者、消費者の方々
■定 員:450名(参加無料)
■プログラム詳細・参加登録
    :下記のホームページをご参照下さい。
     http://www.cfp-japan.jp/event/index.html

■プログラム概要

<第1部> カーボンフットプリント制度試行事業について 
 カーボンフットプリント制度試行事業について
  (社)産業環境管理協会 

<第2部> 「CO2見える化」取組事例紹介    
 1.特別講演:「農業分野のCFP(仮題)  
   東北大学付属複合生体フィールド教育研究センター
    教授 斎藤雅典様

 2.「グリーンメイド車検・自動車整備によるCO2の見える化」 
   東北自動車株式会社
    代表取締役社長 中里明光様

◆個別相談窓口も開設いたします◆
 制度説明会の終了後、企業様からの個別の質問にお答えするため、制度説明
会の終了後、個別相談会を開催します。申し込み方法は司会者よりアナウンス
いたしますが、申し込み者が多数の際にはご希望に添えない場合がございます
ので、予めご了承ください。

■問合せ先
 :カーボンフットプリント制度説明会運営事務局 
  ※受付/10:00~17:00(平日のみ)
  TEL:03-3292-5144、FAX:03-3292-5089 
  e-mail : cfp-event@jemai.or.jp

ページの本文はここまでです
ここからこのウェブサイトに関する情報です
ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です